脈経「弁尺寸陰陽栄衛度数第四」第三条

「寸口にあらわれる脈に大過・不及・陰乗・陽乗・覆・溢・関・格などという脈があるが、これはどのような脈状なのか?」

・関上から前、すなわち狭義の寸口は陽気の状態を診る場所である。
この寸口は九分あるが、ここの脈は浮いているのが正常である。
これが過ぎている場合を大過といい、減じている場合を不及という。

また寸口から魚際に向かってはみ出して脈が現れている場合を溢といい、外が閉じて内が外との交流を拒むという意味で外関内格ともいう。
またこれは陰気が旺盛で陽の部まで溢れて、乗りかかっている状態なので陰乗の脈ともいうのである。

関上の後、すなわち関上から肘に向かって一寸の間の尺中は、陰気の状態を診る場所である。
ここの脈は沈んでいるのが正常である。
これが過ぎているのを大過といい、感じているのを不及という。

また、尺中からはみ出して肘に寄った部分にまで脈が現れているのを覆といい、内が閉じて外が内との交流を拒むという意味で内関外格という。
またこれは陽気が旺盛で陰の部まで覆って、乗りかかった状態なので陽乗の脈ともいうのである。

このような覆・溢の脈は、いわゆる真臓の脈であるから、病人は大した症状を現していなくても死病の場合が多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA