脈経「平脈視人大小長短男女逆順法第五」第一条

一般に脈を診る場合は、その人の体格及び性格がゆったりタイプかイライラタイプかなどに注意する。
もし脈の遅数や大小や長短と、体格や性格とが一致すれば順であり、吉とする。
逆に脈と体質や性格が逆になっている場合はよくない。

寸口・関上・尺中の脈の大きさは、すべて等しいのがよい。
ただし、子供と婦人及び細い体格の人の場合は、脈は小さくて軟のことが多い。
また四五才くらいまでの小児の場合は、一呼吸間に八拍くらいの拍動がある。
そうして細いのがよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA