脈経「弁蔵腑病脈陰陽大法第八」

「どのような脈状の時に臓腑に病があると分かるのか?」
数脈の場合は腑に病気があると考える。
遅脈の場合は臓に病気があると考える。

数脈は熱があることを示し、遅脈は寒があることを示している。
またすべての陽経は熱証を起こしやすい。
すべての陰経は寒証を起こしやすい。

以上のように考えて臓腑の病気を判別するのである。

脈の拍動が・・・
浮で大の場合は肺の脈
沈滑で石のように堅い場合は腎の脈
弓の弦を張ったような脈は肝の脈
脈の拍ってきかたが速く、去るのが遅い場合は心の脈

このような脈が現れてよいのに現れないのは病気である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA