脈経「弁脈陰陽大法第九」

「寸口の脈を診て陰陽の気を判別する方法があるというが、どのようなことか?」
呼気は心と肺に関係があり、吸気は腎と肝の経脈に関係がある。
脾は飲食物を消化吸収して気血を造り出すことろだから、陰陽どちらとも属さず、呼気と吸気の間にその脈気が現れる。
心と肺は陽に属するからその脈は浮になる。
腎と肝は陰に属するから、その脈は沈になる。

「心と肺はともに浮脈を現すというのが、これはどのように区別するのか?」
浮で大散が心の脈である。浮で短渋が肺の脈である。

「腎と肝はともに沈脈を現わすというが、これはどのように区別するか?」
牢で長が肝の脈
按圧して濡であり、指を少し戻した時に、強く拍ってくるのが腎の脈
脾は陰陽の中間に属するから、脾の脈は沈でも浮でもない。
以上が陰陽の脈である。

「脈に陽盛陰虚があるというが、これはどのような脈なのか?」
指を軽く乗せて脈を診た時に虚していて、指に力を入れて沈めて診たときに実になっている脈を陰盛陽虚という

逆に指を沈めて診たときに虚していて、指を浮かべて診たときに実になっている脈を陽盛陰虚という

これが寸口脈での陰陽の気の虚実である。

「昔の書物に、脈に一陰一陽、一陰二陽、一陰三陽というのがある、また一陽一陰、一陽二陰、一陽三陰というのがあると言う。これは寸口で三陰三陽の六腑が同時に現れることをいうのか?」
六腑が同時に現れるのではない。六脈というのは浮・沈・長・短・滑・渋のことである。
このうち浮・滑・長は陽の脈であり、沈・渋・短は陰の脈である。
これらが組み合わさって現れるのだ。

例えば
一陰一陽の脈というのは、脈の拍ちかたが沈・滑の場合をいう。
一陰二陽の脈というのは、脈の拍ちかたが沈・滑・長の場合をいう。
一陰三陽の脈というのは、脈の拍ちかたが浮・滑・長でときに沈になる場合をいう。

一陽一陰の脈というのは、脈の拍ちかたが浮・渋の場合をいう。
一陽二陰の脈というのは、脈の拍ちかたが浮・渋・長の場合をいう。
一陽三陰の脈というのは、脈の拍ちかたが沈・渋・短でときに浮になる場合をいう。

このように脈は色々と組み合わさって現れる。
したがって、その現れている脈と、各経脈の性質を考えて合せて、病気の判断をするのである。

一般に大・浮・数・動・長・滑を陽の脈という。
沈・渋・弱・弦・短・微を陰の脈という。
これらが三陰三陽の脈の基本となるものだ。
もし陽病にこれらの陰脈が現れておれば死症である。
陰病ぶ陽脈が現れておれば治る。

関前、つまり寸口は陽気の状態が現れる脈診部である。
関後、つまり尺中は陰気の状態が現れる脈診部である。

寸口が数脈の場合は吐血がある。
尺中が微脈の場合は下痢である。
寸口が弦脈の場合は頭痛がある。
尺中が弦脈の場合は腹痛がある。
寸口が微脈の場合は汗が出ている。
尺中が微脈の場合は自下痢がある。
寸口が数の場合は口内炎ができる。
尺中が数で微の場合は必ず悪寒があって、煩撓して不眠になっている。

尺中に陽脈が現れると狂になる。
寸口に陰脈が現れると癲癇になる。
陽脈が現れておれば腑の病気である。
陰脈が現れておれば臓の病気である。
陽気がなければ厥冷する。
陰気がなければ嘔吐する。
陽気が少なくなると呼気が苦しい。
陰気が少なくなると吸気が苦しい。
呼気吸気ともに不足すると胸が苦しくなり息切れしだす

以上のように脈の陰陽を知って、陽気と陰気の状態を察して病気の診断をするのである。

寸口の脈が浮・大・数の病気を陽中の陽という。
腹が張ってもだえ苦しむ、身熱・頭痛・腹の中が熱いなどの症状が現れる。

寸口の脈が沈んで細い病気を陽中の陰という。
憂い悲しんで鬱状態になり、人と話をするのはもちろんのこと、人の声を聞くのも嫌うようになる。
また溜息をついて時に汗が出る。
これは陰気が通じないからで、腕も挙がりにくくなる。

尺中の脈が沈・細の病気を陰中の陰という。
両脚がしびれ痛み、長くたっておれなくなる。
これは陰気が弱っているためで、小便が余瀝(尿が残る)し、陰下が湿って痒などの病症が現れる。

尺中の脈が滑・浮・大の病気を陰中の陽という。
下腹部が張って痛み、小便が気持ちよく出ない。
また小便をすると陰茎の中が痛む。
大便をしても陰茎の中が痛むなどの病症が現れる。

尺中の脈が牢・長で、関上と寸口に脈がない場合がある。
これは陰気が陽気に勝ったためである。このような状態にあると、両方の脚が重だるくなり、下腹と腰が引き合うように痛む。

寸口の脈が極めて大きく、尺中の脈がないのは、これは陽気が陰気に勝ったためである。
このような状態になると腰背が痛み、陰茎の中も痛み、足全体が冷えるようになる。

一般に風邪は陽の部位をそこない、寒邪は陰の部位をそこなう。
陽病は陰気の流れにしたがって進む。
陰病は陽気の流れに逆らって進む。
したがって陽病は治しやすが陰病は治しにくい。
もし臓腑の病気になった場合は薬で治す。
経絡の病気であれば鍼灸で治せる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

脈経「平虚実第十」