脈経「平虚実第十」第一条

「病人に三虚三実があるというが、どのような意味か?」

・脈には虚・実があり、触診したときの反応にも虚・実があるということ

・脈の虚実とは、脈状が柔らかいものを虚とし、堅いものを実とする。

・病証の虚実は、例えば汗や大便、小便などが出やすいものを虚、逆に出にくいものを実
病状の訴えが多いものを虚、少ないものを実
症状がゆったりしているものを虚、急激なものを実

・触診の虚実は、触診したときに
かゆいものを虚、痛いものを実
少し按圧すると痛いが、深く按圧すると気持ちよい場合は外実内虚
少し按圧すると気持ちいいが、深く按圧すると痛い場合は外虚内実

以上が三虚三実の意味である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA