脈経「平虚実第十」

「病人に三虚三実があるというが、どのような意味か?」
脈には虚・実があり、触診したときの反応にも虚・実があるということ

脈の虚実とは、脈状が柔らかいものを虚とし、堅いものを実とする。

病証の虚実は、例えば汗や大便、小便などが出やすいものを虚、逆に出にくいものを実
病状の訴えが多いものを虚、少ないものを実
症状がゆったりしているものを虚、急激なものを実

触診の虚実は、触診したときに
かゆいものを虚、痛いものを実
少し按圧すると痛いが、深く按圧すると気持ちよい場合は外実内虚
少し按圧すると気持ちいいが、深く按圧すると痛い場合は外虚内実

以上が三虚三実の意味である。

「虚実とはどのようなことか?」
邪気が盛んなのを実という。
精気のなくなったのを虚という。

重実とは、大熱の病気になり、発散されるべき陽気が停滞して熱し、同時に経脈中の血も停滞して充実した脈になる。この状態を重実という。

「経脈と絡脈がともに実になるとはどのようなことか?またこれはどのように治療するのか?」
経脈も絡脈もすべて実した場合は、寸口の脈が急になり、尺膚は緩になる。
当然、経脈も絡脈も治療しなければならない。
その場合、尺膚が滑であれば治りやすく、渋であれば治りにく。
もともと、虚実というものは類をもって集まる。
したがって脈が虚でも尺膚も虚か、脈も実で尺膚も実であればよしとする。
五臓や骨肉に気血が滑らかに巡っておれば、たとえ病気になっても順な状態で現れる。
したがって長生きすると言えるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

脈経「弁脈陰陽大法第九」