脈経「従横逆順伏匿脈第十一」第一条

「脈に相乗ずるということがあって、それには従、横、順の四種類があるというが、これはどのような意味か?」

・水が火に乗ずるものや、金が木に乗ずるものを縦(剋する)という。
火が水に乗するものや木が金に乗ずるものを横(横暴)という。
水が金に乗ずるものや火が木に乗ずるのを逆という。
金が水に乗ずるものや木が火に乗ずるものを順という。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA