脈経「遅疾短長雑脈法第十三」

「胃の気の脈の大切さや三焦の働きや、季節の健康な脈などについて聞いた。
これらで病気の状態を判断するというが、それ以外に、三陰三陽の経脈の状態で病気のよしあしを判断したり、脈診によって内の状態を知り、寸口と尺中の脈の大小によって病気の判断をするという方法について知りたい」

・寸口の脈を切して、その脈が浮いているか沈んでいるかを診る。
また、寸口と尺中や左右の脈の虚実を診るのである。
その病気がどのようなものであるかは、すべて寸口にあらわれる。

五行の相生関係で、子方より来た病因で病んだ場合を実邪という。
母方より来た病因で病んだ場合を虚邪という。
相剋関係の剋される所の病因で病んだ場合を賊邪という。
剋する相手の病因で病んだ場合を微邪という。
自分の病因で病んだ場合を正邪という。

経路に気血が停滞すると癰腫ができる
内の臓腑に気血が停滞するとしこりができる
不整脈があって引きつったような脈であれば、これは心臓のあたりに気の停滞がある。
脈の拍動が疾い場合は風による病気である。
滑脈の場合は食べすぎによる病気がある。
滑で躁脈の場合は熱がある。
渋った脈の場合は、寒と湿が原因で病気になっている。
このような脈と病気の関係が、順であるか逆であるか判断する場合は、くだらない俗論を信じてはい

脈気は呼吸によって巡らされている。
最初に脈を診たときに、寸口が実で、尺中が虚の場合を出疾入遅といい、内虚外実とする。
反対に寸口が虚で尺中が実の場合を出遅入疾といい、内実外虚とする。

数脈は腑や陽経に病気があるときに現れる。
遅脈は陰経や臓に病気があるときに現れる。
弦で長の脈は肝に病気が現れる。
脈が小さいものは血が少ないためで、このようなときは心に病気がある。
寸口の脈が虚していて、尺中の脈が堅いのは脾胃に病気がある。
脈が滑で少し浮いている場合は肺に病気がある。
脈が大で堅い場合は腎に病気がある。

血が多くて気が少ないと滑脈になる。
血が少なくて気が多いと渋脈になる。
脈が大きいのは気血ともに多い。
脈が大きくて堅い場合は気血が充実している。
脈が小さいのは気血ともに虚してる。
脈が細で微の場合は気血ともの虚である。
沈・細・滑・疾の脈は熱があるときにあらわれ
遅・緊の脈は寒があるときに現れる。

脈が大きくて滑で緊張している場合は経絡に熱のある病気
脈が小さくて実で緊張している場合は内蔵が冷えている病気
脈が小さくて弱くて渋っている場合は慢性病
脈が滑で浮いていて数の場合は急性病
脈が浮いて滑の場合は経絡に熱がある病気であるが、これは風によって急激に起こった病気である。このような場合、内に痰飲があると治しにくい。
脈が沈んで緊張している場合は、上焦に熱があり、下焦に寒がある。このような場合に下焦を冷やしたり冷飲食をすると、すぐに下痢をする。
脈が沈んで細い場合は下焦に寒がある。寒があると小便の回数が多くなり、時に腹が絞られるように痛んで何回も下痢をする。
脈が浮いて緊張していて、さらに滑で直、つまり寸口、関上、尺中が一本になったような脈の場合は、経脈には熱があり、内蔵は冷えがある。大便と小便ともに出にくくなる。
脈が洪大で緊張して引きつっている場合は、病気の進行は速い。この病気は経絡にあるので、頭を熱したり、よう腫ができたりする。
脈が細くて小さく、緊張して引きつっている場合は、病気の進行が速い。この病気は中に寒がある。そのために疝瘕や積聚などになり、腹が刺すように痛むことがある。

脈が沈重で直、つまり沈んで弾力がなく、引きつっていて、寸口には脈がない場合は、腸間に血が停滞している病気である。
脈が沈んで弾力がなく、関上の脈が散の場合は。冷飲食によってしこりが出来ている。
寸口の脈が引きつっていて、関上が散脈でほとんど感じない場合は、消渇である。
脈が沈んで弾力なく、くねくねとして寸口まで届かず、感じにくい場合は肌肉の病気であり、急に死ぬことがある。
左手の寸口の脈が、左にねじれて沈んで弾力がない場合は、気によるしこりが胸の陽の部分にある。
右手の脈が右にねじれて、寸口にまで届かない場合は、内に肉のしこりがある。
脈がくりくりと珠を連ねたようで、寸口にまで届かない場合は、冷えが大腸に停滞している。
脈がくりくりと不整になり。寸口が軟らかい場合は、熱の結したのが小腸の膜の中になる。
脈が引きつっていて、左右の寸口が弾くような脈の場合は、血脈中に悪い血がある病気だ。
左右の尺中が弾くような脈の場合は筋骨の中に病気がある。
寸口の脈が大で尺中の脈が小の場合は、頭痛がして目眩する。
寸口の脈が小で尺中の脈が大の場合は、胸の中に詰まったようになり、息切れする。
寸口には脈があるが尺中には脈がない場合は、その病人は吐くはずだが、吐かない場合は死ぬ。
寸口に脈がなくて尺中には脈がある場合は、たとえ苦しんでいたとしても死ぬようなことはない。

そもそも脈というのは、気血の巡っている状態が現れる大切な場所である。
これが長であれば気が安定している。
短であれば気が病んでいるとする。
数脈であれば胸苦しさがある。
大脈であれば病気が進んでいると考える。

寸口の脈が盛んであれば気も上部に集まっている。
尺中の脈が盛んであれば気も下部に集まっている。

代脈は気が衰えている。
細気は気が少ない。
渋脈は心痛があるときに現れる。
揮揮革革とまるで泉が湧いてくるような脈の場合は、病気が進んでいて危険である。
弊弊綽綽していて、脈のなくなりかたが弓の弦が切れるような感じの場合は死す。
短で急な脈の場合は上焦に病気がある。
長で緩の脈の場合は下焦に病気がある。
脈が沈で弦急の場合は内に病気がある。
脈が浮で洪大の場合は外の経絡に病気がある。
脈が実の場合は内に病気がある。
脈が虚の場合は経絡に病気がある。
寸口の脈は表の状態を診るところで、尺中は裏の状態を診る場所である。
脈が浮であれば表に病気があり、沈であれば裏に病気があるとする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA