脈経「平人得病所起脈第十四」

「なぜ春に発病したのが分かるのか?」
それは肝脈がないので分かるのだ。
心脈がない場合は夏に発症している。
肺脈がないのは秋に発症している。
腎脈がないのは冬に発症している。
脾脈がないのは四季、則ち春夏秋冬の最後の一八日間である土用の時に発病している。

肝病は、西の方角に旅行にいったり、鶏肉の食べすぎによって起こる。
当然、秋に発病するが、それは庚、辛の日である。
また、家に腥臭の強い死人でいて、これを女や子供が見た場合は必ず発病する。
あるいは金銀の物に感じて発病する場合もある。

脾病は東の方角に旅行したり、雉や兎の肉および、あらゆる木の果実を食べることによって発病する。
すぐに発病しない場合でも、春になって甲、乙の日になると発病する。

心病は北の方角に旅行したり、豚肉や魚を食べすぎると発する。
すぐに発病しない場合でも、冬になって壬・癸の日になると発病する。

肺病は南の方角に旅行したり、馬の肉や麞鹿(くじか)肉を食べすぎて発病する。
すぐに発病しない場合でも、夏になって丙・丁の日になると発病する。

腎病は中央で動かなかったり、牛肉や土の中にできるものを食べすぎて発する。
すぐに発病しない場合でも、夏の土用の戊・己の日に発病する。

生活に心配のない脈を知ろうとするなら、県官の家で脈を診せてもらうのがよい。

心がなごんでいる人の脈を知るためには、嫁をめとる家か、または慶び事がある家で脈を診せてもらうとよい。

妊娠の脈を知るためには、妊婦のいる家で診せてもらうとよい。

気持ちの沈んだ人の脈を知ろうとする場合は、囚人のいる家で診せてもらうとよい。

休脈とは病気が休んでる脈ということだから、健康な脈という意味である。
(以前から有った慢性病が治ったという脈)

死脈を知ろうと思えば、重症の病人がいる家で診てもらうとよい。

「なぜ人が野宿して病気になったのがわかるか?」
それは陽の部位に陰気があることで分かるのだ。

「食中毒の脈はどういうものか?」
軽く按圧して脈が感じられない。
微細な脈なので分かりにくいのだ。
ただし、陰脈はある。
按圧してみると寸口も尺中も強い脈になっている。
これは水の毒にあたった脈である。
遅脈の場合は乾物の毒にあたったのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA