脈経「平人迎神門気口前後脈第二」第八条

左手関上の脈を深く按圧して虚している場合は足の厥陰経の虚である。
脇下堅、悪寒と発熱、腹満、飲食欲せず、腹はり、憂いて楽しまず、月経不利、、または腹痛などの症状が現れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA