脈経「平人迎神門気口前後脈第二」第十二条

左手の関上の脈を軽くあるいは深く按圧して、浮沈の位ともに虚の場合は厥陰経と少陽経がともに虚である。
恍惚とする、卒倒して人事不省になる。
幻覚が現れる。呼吸が浅い。
言葉がすらすらと出ない、理由もないのに時々驚く。
以上のような症状が現れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA