腰の痛み、太ももの後ろの痛みの症例

症例「40代女性」

主訴:腰の痛み、太もも後ろの痛み、頭痛、胃痛
副主訴:眠れない、めまい、鼻が詰まる、耳鳴り、難聴、便秘、手足の冷え、生理不順、手足の浮腫(むくみ)、花粉症

治療:週1回で腎を中心の治療

経過:治療後1週間で太ももの痛みは改善
3週間目で腰痛も改善

考察:他の症状に関しては、治療回数をあげて治療をすれば改善するのだろうと考えられる。

【未病治が大切】
テストで赤点が決定したあとで、足掻いてもやれることはほぼありません
予めテスト勉強をして留年しないようにしなければいけない。
身体も同じで未病を治すことが大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA