脈経「平人迎神門気口前後脈第二」第二十六条

右手の関上の脈を深く按圧して虚の場合は、足の太陰経の虚である。
水様性の下痢、腹が張る、気逆、霍乱、黄疸、胸がもだえて安眠できない、腸鳴などの症状が現われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA