脈経「平人迎神門気口前後脈第二」第二十九条

右手の関上の脈を軽くあるいは深く按圧して浮沈の位とも実の場合は、足の太陰経と陽明経がともに実である。
脾は腫れて腹が堅くなり、脇下に突き上ってきて痛む。
胃気が働かないから、便秘になったり便秘になったりする。
腹痛が起こり、肝や肺に突き上がってくる。
このように五臓すべてが変調を起こすと喘鳴が起こる。
またよく驚くようになる。
あるいは喉が詰まって痛み、精も少なくなる。
以上のような症状が現われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA