脈経「平三関病并治宜第三」第一条

寸口の脈が浮になるのは中風のためである。
発熱、頭痛などの症状が現われる。
桂枝湯か葛根湯を服用させ、同時に風池穴や風府穴に鍼治療をする。
さらに火に向かって身体を温め、治風を身体に摩り込んで汗を出すと良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA