脈経「平三関病并治宜第三」第十五条

寸口の脈が実の場合は、熱が発生していて、これが脾と肺にある。
嘔逆、気が塞がるなどの症状が現われる。
寸口の脈が虚の場合は、寒が発生していて、これが脾と胃にある。
食べたものが消化しないという症状が現われる。
熱があれば竹葉湯や葛根湯を服用するのがよい。
寒があれば茱萸丸や生姜湯を服用するのがよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA