脈経「平三関病并治宜第三」第十二条

関上の脈が沈の場合は、心下に冷えがあるために苦満、呑酸などの症状が現れる。
このような時は白微茯苓丸か附子湯を服用させ、中脘に鍼して補うのがよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA