脈経「平三関病并治宜第三」第十三条

関上の脈が濡の場合は、虚に冷が加わって脾気が弱くなっている。
そのために回数の多い下痢病になる。
このような場合は赤石脂湯、女萎丸などを服用させ、関元に鍼して補うのが良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA