脈経「平三関病并治宜第三」第七条

尺中の脈が弦の場合は、下腹が痛む。

また、下腹から足にかけて引きつり痛む。

このような時は、建中湯や当帰湯を服用させ、気海に鍼して瀉すのがよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA