脈経「平三関病并治宜第三」第十五条

尺中の脈が実の場合は、下腹が痛み、小便が漏れるようになる。
このような時は当帰湯加大黄一両を服用さして大便を下し、さらに関元に鍼をすれば小便が止まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA