脈経「平奇経八脈病第四」

「経脈に奇経八脈と呼ばれるものがあるというが、どのようなものか?」
陽維脈・陰維脈・陽蹻脈・陰蹻脈・衝脈・督脈・任脈・帯脈、以上の八脈である。
この八脈は一般の経脈絡脈とは関係なく流れている。
そのために奇経八脈というのである。

「経脈が十二あり、絡脈が一五ある。合計二十七の経絡があるが、人体の気血はこの経絡の流れに従って上下している。つまり一定の法則に従って流れている。ところが奇経八脈はこの法則に関係なく働いているという。それはどのような理由によるものか?」
例えば、昔の聖人は河川に支流をつくって本線の流れを調整して水害が起こらないようにした。
ところが大雨が降って本線も支流も水いっぱいになった場合は、聖人でもどうすることも出来ない。
人体もこれと同じで、外邪によって気血の流れが阻害され、本流である経脈から溢れると、支流である絡脈に流れ込む。
しかし経脈も絡脈もいっぱいになるとどうすることも出来ない。
それで、さらに予備として奇経八脈が用意されているのだ。
そのために通常は一般の経脈と奇経の運行は別になっているのである。

「奇経八脈は十二経と拘割りがないというが、それでは奇経八脈はどこから起こりどこに繋がるのか?」
陽維脈は諸陽の会、つまり膀胱経の金門穴から起こる。
陰維脈は諸陰の交、つまり腎経の築賓穴からおこる。
この陰維陽維の奇経は手足の三陰三陽経を繋ぐものであるが、脈気が充満しても十二経脈に還流することが出来ない。
陽蹻脈はかかとの中より起こり、申脈穴から外果を巡って上り、風池穴に終わる
陰蹻脈も同じくかかとから起こり、照海穴から内踝を巡って上り、咽喉の入って衝脈と交わる。
衝脈は関元穴から起こり、腹の裏側を通ってまっすぐ上り、咽喉に入る。
督脈は下極の輸、つまり会陰穴より起こり、脊柱の裏側にそって上り、風府穴に入る。
衝脈は陰脈の海であり、督脈は陽脈の海である。
任脈は生殖器より起こり、臍を挟むようにして上り、胸の中に入る。
帯脈は季肋部から起こり、身体を一周する。

以上の八脈は十二経脈とは拘わりがない。それで奇経八脈というのである。

「奇経の病気とはどのようなものか?」
陽維脈は陽経をつなぎ、陰維脈は陰経を繋ぐものである。
この陰陽の維脈が手足の三陰三陽をつなぐ働きが出来なくなると、ぼんやりとして気が遠くなったり、身体がゆらゆらして自立して立っておれなくなる。
陽維脈が病むと悪寒して発熱する。
陰維脈が病むと心臓あたりが痛む。
陰維脈が病むと身体の陽の部分が弛緩して陰の部分が引きつる。
陽維脈が病むと陰の部分が弛緩して陽の部分が引きつる。
衝脈が病むと下から胸やのどに突き上がってきて裏の部分が引きつる。
督脈が病むと背中が強張って手足の先から冷え上がる。
任脈が病むと身体内部にしこりが出来る。男子は七疝になり女子は瘕聚になる。
帯脈 が病むと腹が張って苦しく、腰に力がなくなり、ゆらゆらして安定せず、ちょうど水の中にいるような感じで冷える。

以上が奇経八脈の病症である。

診察して陽維の脈が浮の場合、その病人は急に起きるめまいがする。
また陽気が旺盛で実している場合は、肩で息をし、ぞくぞくと寒気がするなどの症状が現れる。

診察して陰維脈が沈で大で実の場合は、胸の中が痛み、脇下が下から突っ張られるようにはり、心臓あたりが痛むなどの症状が現れる。

診察して陰維の脈が滑の場合は、男子であれば両方の脇が堅くなって腰の中が痛む。
女子の場合は陰部の中に瘡が出来ているような感じの痛みがある。

診察して帯脈に異常がある場合は、臍の高さで左右から締め付けられるように腹、腰、背などが痛む。
また、内股が引きつる。

両手の脈診部に軽く指を乗せて診て、寸口も尺中も脈があり、指を沈めて診て寸口も尺中とも脈があるものを陰陽とも実盛だとする。
このような脈は衝脈と督脈が病んでいる時に現れる。
衝脈と督脈は十二経の道路である。
衝脈と督脈が病むと、十二経脈の気は寸口まで巡らなくなる。
そうなると病人は恍惚となったり、痴呆となって狂ったようになる。
しかし、このような症状が現れないものは、精神的に余裕があって、まるで心が2つあるかのようである。

両手の寸口も脈が浮、細、微で連なっているがわかりにくい。
同時に両手の尺中の脈も細くなって連なっている。
これは陰蹻脈と陽蹻脈が病んだ時の脈である。
このようになるのは、以前に家族が伝染病の病気にかかって、頭が狂ったようになって死亡するような禍いがあったためである。

診察して陽蹻脈が病んでいる場合は拘急症状があるはずだ。
陰蹻脈が病んでいる場合は弛緩症状があるはずだ。

寸口と尺中の脈がともに浮で、寸口から尺中にかけて一本の線のように真直になっている場合は督脈の病気である。
督脈が病むと腰や背中がこわばって痛み、前屈や後屈ができなくなる。
また大人は癲癇になりやすい。
子供でも引きつけるようになる。

脈の拍動が関上の部で浮いて引きつったようになっていたい場合は、督脈の異常である。
腰、背、膝などが冷えて、大人も小児も癲癇になりやすい。
このような場合は頂点に灸を三荘するとよい。
正しく、頂上に取穴すべきである。

寸口も尺中も牢で、一本の線のようになっている脈の場合は、衝脈の異常である。
つまり胸に何か詰まった感じになる。
これは胸の陽気が虚して起こる。

脈の拍動が、脈診部の中央で堅くて実していて、手の関節付近まで分かる場合は衝脈の異常である。
下腹が痛む。
心臓に突き上ってくる。
腹にしこりがあるため妊娠しない。
大便や小便をもらす。
脇が痞えてもだえるなどの症状が現れる。

脉診した時に寸口脈の周辺が丸丸とした感じの場合は、任脈の異常である。
腹の中で、まるで指でつつくよな感じで気が動き、それが心臓にまで突き上がってくる。
前屈や後屈ができず、下腹が引きつるなどの症状が現れる。

脈状が、緊、細、実、長で、手関節のあたりまで拍動が感じられる場合は任脈の異常である。
臍下や下腹から横骨穴にかけて引きつり、陰部が切られるように痛むという症状が現れる。
このような場合は臍下の三寸を治療すべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA