脈経「平三関病并治宜第三」(尺中の話)

尺中の脈が浮の場合は下焦に風邪による熱があり、そのために小便が気持ちよく出ない。
このようなときは瞿麦湯や滑石散を服用させ、同時に横骨と関元に鍼して瀉すがよい。

尺中の脈が緊の場合は臍下が痛む。
このような時は当帰湯を服用し、天枢に灸をし、関元に鍼して補うのがよい。

尺中の脈が微の場合は、足から冷え上って下腹が引きつるように痛む。
これは冷えがあるためだ。
このような時は小建中湯えお服用させ、気海に鍼をするのがよい。

尺中の脈が数の場合は、悪寒がして臍下が熱痛し、小便が赤っぽくなる。
このような時は、鶏子湯、白魚散などを服用させ、横骨に鍼して瀉すのがよい。

尺中の脈が緩の場合は、脚が弱く、下半身が腫れる。
また小便が気持ちよく出ず、終わったと思っても後で漏れるようになる。
このような時は滑石湯や瞿麦散を服用させ、横骨に鍼して瀉すのがよい。

尺中の脈が滑の場合は血の気が実しているのだ。
婦人なら月経が不利になり、男子なら血尿がでるようになる。
このような時は朴消煎や大黄湯を服用させ、月経を下してやるのがよい。
また、関元に鍼して瀉しのがよい。

尺中の脈が弦の場合は、下腹が痛む。
また、下腹から足にかけて引きつり痛む。
このような時は、建中湯や当帰湯を服用させ、気海に鍼して瀉すのがよい。

尺中の脈が弱の場合は、下焦の陽気が少ない。
そのために発熱し、関節が痛む。
このような時は前胡湯、乾地黄湯、茯苓湯などを服用させ、関元に鍼して補うのがよい。

尺中の脈が渋の場合は、足から冷え昇って小便が赤くなる。
このような時は附子四逆湯を服用させ、大衝に鍼して補うのがよい。

尺中の脈が芤の場合は、下焦に血虚がある。
そのために血尿が出る。
このような時は竹皮生地黄湯を服用させ、丹田と関元に灸をし、また鍼で補うのがよい

尺中の脈が伏の場合は下腹部が痛む。
これは、しこりがあるためで、食べたものを消化できていない。
このような時は大平胃丸を服用させ、関元に鍼して補うのがよい。

尺中の脈が沈の場合は腰や背中が痛む。
このような時は腎気丸を服用させ、京門に鍼して補うのがよい。

尺中の脈が濡の場合は小便が気持ちよく出ない。
このような時は瞿麦湯や白魚散を服用させ、関元に鍼をして瀉すのがよい。

尺中の脈が遅の場合は下焦に寒がある。
このような時は桂枝丸を服用させ、気海と関元に鍼して補うのがよい。

尺中の脈が実の場合は、下腹が痛み、小便が漏れるようになる。
このような時は当帰湯加大黄一両を服用さして大便を下し、さらに関元に鍼をすれば小便が止まる。

尺中の脈が牢の場合は、腹満して生殖器が引きつる。
このような時は蒂藶子茱萸丸を服用さし、丹田、関元、中極に鍼をするとよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

2021年6月・7月のお休み

次の記事

脈経「肝胆部第一」