パニック発作・顔面部の痙攣の症例

症例「50代男性」
主訴:パニック発作・顔面部の部分痙攣

治療:腎を中心とした週一回のペースの治療

経過:顔面部の痙攣に関しては約2ヶ月ほどで消失、パニック発作は順次改善していったでのすが、様々なストレスが過多になると発作が出現する感覚が出るときがあるそうです。
背中の痛みが改善したり、睡眠状態が改善したそうです(2時間の睡眠が6時間ほどに伸びた)

【未病治が大切】
テストで赤点が決定したあとで、足掻いてもやれることはほぼありません
予めテスト勉強をして留年しないようにしなければいけない。
身体も同じで未病を治すことが大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA