疲れやすく食事が美味しくないと感じる症例

症例「40代女性」
主訴:疲れやすい
副主訴:食事があまり美味しくない・膝の違和感・落ち込みやすい・肩こり・腰痛

治療:腎を中心の治療を2週間に1度の治療

経過:腰痛は早い時期に改善、1年近くかかったが、食事の状態は改善した。
疲れやすい・肩こりに関しては、社会的ストレスが多く関わっているようで、それらのストレスが排除されると、発症しないことから社会との関わりをコントロールしていくことが大事だと考えられる。
膝の違和感に変化なし

【未病治が大切】
テストで赤点が決定したあとで、足掻いてもやれることはほぼありません
予めテスト勉強をして留年しないようにしなければいけない。
身体も同じで未病を治すことが大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA