難経「六十三難」井穴を以って始めとする意義を論ずる

「古い医学経典である十変には五臓六腑の井・榮・兪・経・合等の兪穴すべて井穴から始まると述べているが、これはどうしてか?」

・井穴は木に属しており、東方と春を象徴している。
春になると万物が芽ばえはじめ、生物は首をもたげて息をあらく動きだし、虫類も活動しはじめる。
すべての生物は新しい生活をふたたび始めるのである。
したがって、春は一年の頭とされ、甲は日数の始めとされており、経穴も木に属する井穴をその起始としているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA