霊枢「経脈篇」①

手の太陰肺経は、中脘穴より起こり、下に向かって大腸を絡い、戻って胃の下口から上口を巡り、上って横隔膜を貫き、肺臓に連属する
再び気管、喉より横に液下に走り、上腕の内側に沿って下降し、手の少陰経と手の厥陰経の前面に走り、直ちに下って肘の中に至り、その後に前腕の内側を巡り、掌後の高骨の下縁を経て、寸口の動脈ところに入り、魚に至り、手の魚の辺縁に沿って、母指の尖端に出る。その支脈は手腕の後より直ちに食指の内側の尖端に走り、手の陽明大腸経と相い接する

外邪が「本経を侵犯」して生ずる病証は、肺部が膨膨として腫脹し、咳嗽して呼吸があらく、缺盆部が疼痛し、重くなると両手を交叉して胸部をおさえるようになり、視るものが曖昧模糊としてはっきりしなくなる

肺臓によって生じる病変は、咳嗽し、呼吸切迫し、声が粗急し、心中煩乱し、胸部が満悶し、疼痛厥冷、掌心が発熱
本経の気が盛んで有余であると、肩背が疼痛し、風寒をおそれ、汗が出るなどの中風症を発生し、小便回数は多いが量は少なくなる。
本経の気が虚すると肩背が疼痛し、呼吸が短くなり、小便の色が変わって異常になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA