霊枢「行鍼篇」①

九鍼の技術を用いて百姓を治療したところ、百姓の血気の盛衰の相違があり、刺鍼したあとも反応は一様ではなかった。
ある人は精神が激動しやすく、鍼を刺入するやいなや反応がある
ある人は鍼を刺すとすぐに気を得る感覚がある
ある人は鍼を抜いた後に反応がある
ある人は鍼を数回刺したあとで、ようやく反応がある
ある人は鍼を抜いた後に悪い反応が現れる
ある人は幾度か刺鍼すると病状が悪化する
その道理はなぜか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「百病始生篇」⑤

次の記事

霊枢「行鍼篇」②