霊枢「九鍼論篇」①

「九鍼とはどのようにうまれたのか?どんな根拠でそのような名前がついたのか?」

九鍼は天地の大数を法則として生まれた

天地の数理は1からはじまり9に終わる

第一鍼は天を模範

第二鍼は地を模範

第三鍼は人を模範

第四鍼は四時を模範

第五鍼は五音を模範

第六鍼は六律を模範

第七鍼は七星を模範

第八鍼は八風を模範

第九鍼は九野(分野のこと)を模範

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「九宮八風篇」

次の記事

霊枢「九鍼論篇」②