難経「第一難」寸口の脈と、経脈の営衛の度数について論ずる

「十二経にはみなそれぞれの動脈があるのに、寸口だけで、五臓六腑の疾病や予後の良し悪しを診断できるのはなぜか?」

・寸口は十二経脈の集まるところで、手の太陰肺経の動脈である。
普通の人が息を一つはくと、脈は三寸行き、息を一つ吸うと脈は三寸行くので、一回の呼吸では脈は6寸行く。
人は一昼夜の間に13500回呼吸し、脈は全身を50回循環する。
漏水百刻の間に、営衛は日中25回、夜間に25回まわり、これで一周であり、50回まわったときには、手の太陰の寸口に会する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA