難経「第二難」切脈の部位−気口について論じる

「脈診の部位に尺寸の区別があるが、どのように区分けするのか?」

・尺寸とは経脈が会合するところであって、関部から尺までが陰に属し、関部から魚際までが寸部で陽に属している。
ゆえに、関部から上一寸を除いた下方が尺部であり、関部から下一尺を除いた上方が寸分である。
尺寸を縮めて分寸にすると、陰は一尺のうちの一寸となり、陽は一寸のうち九分となり、尺寸の全部の合計は一寸九分となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA