難経「第八難」寸口の脈が正常なのに死んでしまう理由について論ずる

「寸口の脈が平脈でありながら死亡するのは、どのような原因によるものか?」

全身の十二経脈は、いずれも正気の根源に連なり属している。
いわゆる正気の根源とは、十二経の根本であり、両腎の間の動気のことである。
これは五臓六腑と十二経脈の根本であり、呼気・吸気のキーポイントであり、三焦の源泉であり、また身体を保護し邪気を防御する力でもあるからである。
したがって正気は人の根本であり、もし根が絶えてしまえば、茎や葉は枯れてしまうのである。
寸口の脈が平らで和やかであっても死を示す場合があるというのは、正気がひとり内で絶えてしまうからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA