難経「第九難」脈象から臓と腑の疾病を区別することを論ずる

「臓と腑との疾病はどのように区別するのか?」

・数脈は病が腑にあり、遅脈は病が蔵にあることを示す。
数は熱を主り、遅は寒を主る。
各陽経の発病はすべて熱証であり、各院経の発病はすべて寒証である。
したがって数脈か遅脈かによって臓と腑との疾病を区別できるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA