難経「第十九難」男女における正常と異常の脈象について論ずる

「【医学経典】には脈に逆と順とがあり、男女において一定のきまりがあって強弱が上下相反しているというがどういうことなのか?」

・男は寅に生まれ、寅は木で陽に属す。
女は申に生まれ、申は金で陰に属す。
したがって、男脈は関の上の寸分が盛んで、女脈は関の下の尺が盛んである。
このため、男子の尺脈は常に弱く、女子の尺脈は常に盛んであって、これが男女の恒常的なありかたである。

「反対に男に女の脈が現れ、女に男の脈が現れた場合、どんな病気であろうか?」

・男が女脈を呈するときは陽気不足で、病気は内にある
左側にこの脈が現れれば病気は左側に、右側に現れれば病気は右側にあるという
その脈象の変化に伴って病変をいうことができる。
女が男脈を呈するときは陽気が過多であり、病気は四肢にある。
これが相反する脈象の発症状況である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA