難経「二十七難」奇経と意義と内容を論ずる

「経脈の中に奇経八脈と呼ばれるものがあり、十二経脈の範囲を属さないが、それらはどのような状況なのか?」

・陰維脈・陽維脈・陰蹻脈・陽蹻脈・衝脈・任脈・督脈・帯脈があり、これら各経はいずれも十二正経の内に属さないものなので、奇経八脈というのである。

「経脈は十二あり、別絡は十五あって、合わせて二十七経絡の気があるが、それらは経気の循行において、上下で相互に貫通しているのに、奇経はどうして十二正経に隷属していないのだろうか?」

・十二経の連携を密接にしたり気血の流れを調節する役割があるため

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA