難経「第五十難」五邪の伝変を論ずる

「疾病の原因には、虚邪、実邪、賊邪、微邪、正邪があるが、これはどのように区別するのか?」

・母から子に伝わるのが虚邪であり
子から母を犯すのが実邪であり
相乗関係のものから来るのが賊邪であり
相侮関係から来るのが微邪であり
本臓が自ら病み、他邪の干渉がないものが正邪である。

「どうしてそのように言うのか?」

・例えば心病(火)の場合
風(木)に傷られてなったのが虚邪
暑(火)に傷られてなったのが正邪
飲食労倦(土)でなったのが実邪
寒(金)に傷られてなったのが微邪
湿(水)に傷られてなったのが賊邪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA