難経「第七十一難」栄衛への刺鍼の深浅について論ずる

「医学経典では、営を刺すときには衛を傷つけてはならず、衛を刺すときには営を傷つけてはならないと述べているが、これはどういう意味なのか?」

・営気は陰に属しており、衛気は陽に属している。
陽分に刺すときに針をねかして刺入しなければならないのは、営気を損傷する恐れがあるためである。
陰分を刺すときには、まず左手で針を刺す榮穴・兪穴などの部位を摂按し、衛気を散じてから刺入するが、これは衛気を損傷する恐れがあるためである。
これが、営を刺して衛を傷つけず、衛を刺して営を傷つけない方法である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA