難経「第七十七難」上工、中工の治療技術を論ずる

「医学経典では、上工は疾病の先々における発展の状況を知って、事前に治療を行い、中工はすでに病んでいるところだけを見て治療すると述べているが、これはどういうことなのか?」

・いわゆる未病を治すとは、例えば肝に病があるのを見たら、それが脾に伝わるであろうことを知って、あらかじめ脾土を充実させて、脾土が肝木によって剋されないようにすることであり、これがすなわち上工は未病を治すということである。
中工は肝病を見ても肝病が脾に伝わる道理を知らないので、ひたすら肝だけを治そうとする。
これを巳病を治すといっているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA