喘息のような咳が出る症例

症例「10代男性」
主訴:咳がとまらない
副主訴:便秘

病院へ受診されたが、一向に改善しないため受診

治療:2週に1回で肺もしくは脾を中心とした治療

経過:少しずつ改善をしていき、3ヶ月程度で咳は出なくなった。

考察:咳に関してはアレルギー系統の喘息だと改善はしやすいが、心因性の場合はかなり時間がかかると経験をしている。
今回の場合はアレルギー系統だと考えられる。

【未病治が大切】
テストで赤点が決定したあとで、足掻いてもやれることはほぼありません
予めテスト勉強をして留年しないようにしなければいけない。
身体も同じで未病を治すことが大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA