急な神経痛

「50代女性」

主訴:急な神経痛

治療:週一回で脾を中心とした治療

経過:1回目の治療で痛みが改善されたため、ハメを外したため、少しぶり返す
2回めの治療で痛みは改善
その後は痛みは出ていない

考察:出現してから間もない神経痛だったため、改善が早かったのだと思われる。
急性病の改善は早く、慢性病の改善は時間がかかるというのは、よく感じることである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

難聴と耳鳴り

次の記事

喘息のような咳が出る