帯状疱疹後神経痛の症例

症例「50代女性」
帯状疱疹の症状が出現して15日目に受診

主訴:帯状疱疹後の神経痛

治療:腎虚を中心で短い間隔での治療

経過:痛みによって寝れなかったが、治療2回目で少し眠れるようになる。
4回目の治療にて短時間ながら仕事には復帰ができるようになったそうで、間隔が少し空き受診
激痛は落ち着き、まだまだ痛みが残っているものの生活ができるようになったため本人都合で治療終了

考察:病院受診とともに、もう少し早めに当院へ受診していただけると悪化は防げたのではないか?という症例
そもそも、帯状疱疹が出現しにくい状態にしておくことが大事です。

【未病治が大切】
テストで赤点が決定したあとで、足掻いてもやれることはほぼありません
予めテスト勉強をして留年しないようにしなければいけない。
身体も同じで未病を治すことが大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA