目のぶどう膜炎と痔の手術跡の違和感の症例

「40代男性」
痔の出術のあとの違和感がありそれをどうにかしたいのと、ぶどう膜炎を15年ほど繰り返してしまうどうにかならないかということで来院

主訴:目のぶどう
副主訴:ふくらはぎがつる・便がゆるい・痔の違和感

治療:脾を中心にして不定期な治療

経過:目に関しては症状が出現していないので経過観察として、月に2回程度の治療を継続
3ヶ月目オペの違和感に変化、気がつけばふくらはぎがつらなくなっていたそうです。
以降月に1~2回の頻度で健康管理で来院されており、半年ほど来院がなかったときに久しぶりにぶどう膜炎が出現したと半年振りに受診される。
週1で2回の治療で注射をしないといけないような状態の目が注射をしないですんだそうです。

考察:健康管理大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

突然出現した咳の症例

次の記事

肩こりお腹の痛みの症例