新型コロナ後遺症の2症例目(治療の途中)

「20代男性」

新型コロナに感染し、肺炎になるも治癒される。
その後に、味覚障害・食欲不振・全身倦怠感・首の重さと痛さ・頭痛・めまい・思考鈍麻・不眠(中途覚醒)でご自宅で寝て過ごす状態
ご家族が色々と情報を収集し、本人のために様々なことをされている。

治療:肝虚で週1回の治療

経過:1回目の治療後から中途覚醒が約6回から3回程度に減少
2回目の治療後、倦怠感は多少改善したそうで、中途覚醒も3回から2回になり、めまいも改善傾向のようです。
私から見た感じですと、目の動きが素早くなり目の潤いが増え、動作が多少良くなっている様子があり、思考の鈍麻も減って理解できるところが増えている様子があります。

☆治療経過の観察中なので随時更新していきます。

※あくまで治療しての経過を書いているだけなので、何が要因となって改善しているのかははっきりわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA