新型コロナ後遺症の2症例目

「20代男性」

新型コロナに感染し、肺炎になるも治癒される。
その後に、味覚障害・食欲不振・全身倦怠感・首の重さと痛さ・頭痛・めまい・思考鈍麻・不眠(中途覚醒)でご自宅で寝て過ごす状態
ご家族が色々と情報を収集し、本人のために様々なことをされている。
病院を受診しながら3ヶ月ほど様子をみたが改善が一向にみられないため当院を受診

治療:肝虚および腎虚で週1回の治療

経過:1回目の治療後から中途覚醒が約6回から3回程度に減少
2回目の治療後、倦怠感は多少改善したそうで、中途覚醒も3回から2回になり、めまいも改善傾向のようです。
3回目の治療後、睡眠障害(中途覚醒)は改善、味覚は少し回復し、倦怠感も減少
6回目の治療後、首のうなだれる感覚消失、味覚はさらに改善
8回目の治療後、友人と遊べるようになり食事量も順次回復

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA