素問「玉機真蔵論篇」

手首の脈に中脈(生気)がないと死んでしまいます

それぞれの季節にあった脈とは違う脈はよくない!!

例を挙げると、夏は暑い季節なので普通は皮膚に浮いて、ダラダラ溢れるような、あっついな〜って脈です
しかし、これが、皮膚より沈んで細くて堅くて・・・まるで冬に虫が地中深く沈んでいるような脈では・・・季節にあった感じではありませんね。

これらの季節にあっていない脈が出ている場合は治療困難!!

・春(肝)は土用(消化器)に勝ち
・土用(消化器)は冬(腎)に勝ち
・冬(腎)は夏(心)に勝ち
・夏(心)は秋(肺)に勝ち
・秋(肺)は春(肝)に勝つ

季節の脈は口で説明するより、それぞれ想像していただけるとわかりやすいかとおもいます。

きちんとそのときに合った治療をしないと、病気はどんどん悪くなるから気をつけようね。

急性のときは悪いものを取り除けば助かる
弱りすぎてる方でも、胃気をとりもどせれば助かる(食欲かな?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

素問「平人気象論篇」

次の記事

素問「三部九候論篇」