素問「宝命全形論篇」

偉い人「病人の苦痛に同情するが、考えがまとまらないので治療するとかえって悪化する、これにかわる良い方法もない・・・どうすればいいのか・・・」

先生「人間の生活は自然界と密接に関わっているのです。万物の作用を知っている人は、万物の恵みを受け、活用できる人です」
「天には陰陽があり、人には十二経脈がある
天には寒暑があり、人には虚実の盛衰がある
天地陰陽の変化を掌握できれば、四時の変化の規律にかない、
十二経脈の道理を了解できれば、事理に明達し、疾病に惑乱されることはない」

偉い人「人が生まれて肉体を保持するには、陰陽の変化とは無関係ではあり得ない、どのように認識すればいいのか」

先生「それらは、五行の変化の道理にしたがって、分析処理することができます。
たとえば木は金に遇うと伐り倒され、火は水を受けると消え、土は木を繁殖されるとはけがよくなり、金は火に遇うと熔け、水は土に遇うと阻止されます。」

(´・ω・`)鍼の刺し方の重要なことが主に記載されております。
コメントいただければ記載させていただきますが、一部の鍼灸師さん以外は難しいこと請け合いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

素問「血気形志篇」

次の記事

素問「八正神明論篇」