素問「標本病伝論」

刺鍼治療の前には、必ず病状が陰に属するか陽に属するかを区別し、病の新旧を判断しなければいけません

陰陽、逆従、標本の道理は簡単に見えるが、応用範囲がひろく、とても難しく容易に会得することはできません。


基本原則としては軽い病であれば本を治し
重い病であれば、先に標から治さなければならない
中満(胃)の病がある場合はこれを先に治す
大小便が不通の場合は、先にこれを治す
状況を判断して行うべきである

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA