難経「第二十一難」形に現れた病状と脈の状態の関係について論ずる

「【医学経典】には人が肉体のうえでは病気であっても、脈象は病んでいないのを(生)とし、病態の脈があって、肉体のうえには病態がまだ現れぬものを(死)とするとあるが、これはどういうことか?」

・肉体のうえで病状があっても病態の脈がないとは別に、脈拍に本当に病象がないというわけではなく、呼吸の数と脈数が一致しないことを述べているのである。
これは疾病診断の大原則である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA