霊枢「九宮八風篇」

「原文」

太一常以冬至之日、居叶蟄之宮四十六日、明日居天留四十六日、明日居倉門四十六日、明日居陰洛四十五日、明日居天宮四十六日、明日居玄委四十六日、明日居倉果四十六日、明日居新洛四十五日、明日復居叶蟄之宮、曰冬至矣。
太一日遊、以冬至之日、居叶蟄之宮、数所在日、従一処、至九日、復反於一、常如是無已、終而復始。
太一移日、天必応之以風雨。以其日風雨、則吉、歳美民安少病矣。先之則多雨、後之則多旱。
太一在冬至之日有変、占在君。太一在春分之日有変、占在相。太一在中宮之日有変、占在吏。太一在秋分之日有変、占在将。太一在夏至之日有変、占在百姓。所謂有変者、太一居五宮之日、疾風折樹木、揚沙石。各以其所主占貴賎。
因視風所従来而占之。風従其所 居之郷来為実風。主生、長養万物。従其衝後来為虚風。傷人者也、主殺主害者。謹候虚風而避之。故聖人日避虚邪之道、如避矢石然、邪弗能害、此之謂也。
是故太一入徙、立於中宮、乃朝八風、以占吉凶也。
風従南方来、名曰大弱風。其傷人也、内舍於心、外在於脈、気主熱。
風従西南方来、名曰謀風。其傷人也、内舍於脾、外在於肌、其気主為弱。
風従西方来、名曰剛風。其傷人也、内舍於肺、外在於皮膚、其気主為燥。
風従西北方来、名曰折風。其傷人也、内舍於小腸、外在於手太陽脈、脈絶則溢、脈閉則結不通、善暴死。
風従北方来、名曰大剛風。其傷人也、内舍於腎、外在於骨与肩背之膂筋、其気主為寒也。
風従東北方来、名曰凶風。其傷人也、内舍於大腸、外在於両脇腋骨下及肢節。
風従東方来、名曰嬰兒風。其傷人也、内舍於肝、外在於筋紐、其気主為身湿。
風従東南方来、名曰弱風。其傷人也、内舍於胃、外在肌肉、其気主体重。
此八風、皆従其虚之郷来、乃能病人。 三虚相搏、則為暴病卒死。両実一虚、病則為淋露寒熱。犯其雨湿之地、則為痿。故聖人避風、如避矢石焉。其有三虚而偏中於邪風、則為撃仆偏枯矣。

(´・ω・`)難しすぎて、一部はわかったけど
ほとんど意味がわからなかったよ
易も関わるので、また勉強して理解したら書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

霊枢「衛気行篇」⑤

次の記事

霊枢「九鍼論篇」①