難経「第十一難」休止の脈と腎臓の病変との関係を論ずる

「医学経典に【脈搏が五十搏動に満たないうちに一回止まるのは、一つの蔵に気がないからである】と記載されているが、それはどの臓か?」

・人は吸気のときには、気が陰に隨って入り、呼気のときには、気が陽に因って出る。
今、吸気が腎に至ることができず、肝まで達するだけで戻ってしまう。
そこで、一臓に気がないときは、腎気が先に衰え尽きてしまったことがわかる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA