難経「第四十六難」老若により、睡眠と覚醒が異なる原因を論ずる

「老人は睡眠時間にも熟睡できないが、若い人は熟睡して容易に醒めない、これはなぜか?」

・医学経典には以下のように述べている。
若い人は血気が盛んで、肌肉は潤沢であり、気道はよく通り、営衛の循環はよく調整されている。
それゆえ、昼間は精神がさわやかで旺んで、夜間はぐっすりと眠ってなかなか醒めない。
老人は血気が衰え、肌肉は潤沢でなく、営衛の循環も失調するので、昼間は精神がさわやかでなく、夜は眠れない。
老人が夜間に寝付きがわるいのはこのためである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA